Mackeyの英会話(17) 「go cold turkey」きっぱりやめる。金輪際やらない!

Mackeyの英会話(17) 「go cold turkey」きっぱりやめる。金輪際やらない!
Mackeyの英会話(17) 「 go cold turkey」

意味は、「今まで依存してきたもの、常習してきたものを断つ」こと。

例:  To cure his addiction to video games, he decided to go cold turkey and gave his entire collection away.
ビデオゲーム依存を治すため、彼は全てのコレクションを手放してきっぱりやめると決意した。

例:  A: You need to quit drinking.                               
「お酒やめなきゃダメだよ。」
B: I know, what do you recommend?
「分かってる。どうすれば良いと思う?」
A: I think you should just go cold turkey. Just stop.
「もうきっぱり止めるべきだと思うよ。もうやめな。」

普通は、Turkey(七面鳥)のイメージは、アツアツにグレービーソースをかけて、マッシュポテトなんかも添えて頂くものですが。。。なぜきっぱり止めることがCold Turkeyなのか、語源はもうハッキリしていないようです。
一説には、19世紀には「Talking cold turkey」という言い回しがすでにあって、「率直に、フランクに話す」という意味だったそうです。既に「cold Turkey」には「率直に、まっすぐに」という意味があり、それが、「quit 〜 cold turkey」で「〜をきっぱり止める」となり、「go cold turkey on ~」になったのではと言われています。
他にも、実際の冷たくなったターキーの残りのお肉をちょっと使って料理するのは手間がかからなくてすぐ出来るので、何かを突然止めるのと似てることからきてるとか。
さらには、ビデオゲームも、お酒も、ドラッグも、原発も依存から抜け出すのは大変なため、これを突然断ち切った人達は、断末魔の苦しみから、青ざめて、あまり気持ちいいものではない、鳥肌が立つような七面鳥の死骸みたいに見えるからとか。